弁護士へ相続相談や問題をまかせて円満に解決する

急増

irai

近年、家庭裁判所での調停や審判が急増している傾向にあります。
そのほとんどが遺産相続による問題です。

昔、バブル時代を過ごし、土地の値段が高騰した事によって財産を築いた人達が死亡し、子供にそれらを譲り渡す時期に来ているからでは無いか、とも言われています。
親族間で起こるお金の揉め事と言うのは、弁護士を雇って行う事も少なく、長く揉める事が多い案件です。
弁護士をはさんでの相談であれば、無料で行っている機関や、市役所で無料法律相談を行っている場合もありますので、利用してみましょう。

重要

遺産相続問題で、非常に重要な問題は「相続人が誰なのか」と言う事です。
日本では、これに関する法律が制定されており、遺言書等が無い限りは法律上での決定にしたがって対処します。

財産を受け取れる相続人には順位付けがあり、1人でも上位の物がいた場合、下位の物は受け取る事が出来ません。
上位が子供であった場合でも、それは同様です。

受取り

uketori

相続人として1番上に来るのは、故人の配偶者です。その次に子供、両親、兄弟と言うようになります。
これは、認知さえしていれば、愛人の子供にも相続権が発生してしまいます。
遺産相続相談や、遺言書の開封等は、親族や関係者が全員集まっている場所で行う事、と法律上で決定しています。
ですので、「愛人に現金を受け取られたく無いから」と裁判や親族会議に呼ばないと言う事は出来ません。注意して下さい。

未成年

受取人の中に未成年がいた場合は、その人物は遺産分割協議に参加する事ができません。
ですから、その後見人となる人物が、未成年者の法定代理人として遺産分割協議に出席する事になります。

また、財産を受け取る人物の中に、認知症等の症状がある場合は「意思能力に欠いた人」と判断され、競技には参加出来ません。
もし、そのような人物が参加していた場合は、全ての取り決めが無効になってしまいます。


OUT LINK

相続の相談は川越の事務所に相談:赤羽税務会計事務所

注目情報

mondai

民事

相続問題と言うのは、民事事件に分類されます。ですので、警察等の介入は不可能となっ…

新しい記事

  • mondai

    民事

    相続問題と言うのは、民事事件に分類されます。…
  • souzoku

    法律

    法律相談や揉め事を抱えれば、頼るのは弁護士で…